透析療法掲示板    
 透析に関する疑問を皆さんで考えましょう。
★[検索]にて現記事、過去ログが検索出来ます。

 メンバー登録することで投稿できます。 記事には投稿者情報(ホスト・ブラウザ)が公開されます。
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃Yanの掲示板ログ ┃メンバー登録 ┃ホーム  
14 / 736 ツリー ←次へ | 前へ→

【17063】草刈先生との「議論」についての一考察・その1 yamakawa 15/7/14(火) 23:05

【17071】草刈先生との「議論」についての一考察・そ... yamakawa 15/7/17(金) 20:32
┗ 【17074】草刈先生との「議論」についての一考察・そ... yamakawa 15/7/17(金) 22:55
┗ 【17082】Re(1):草刈先生との「議論」についての一考... dora 15/7/21(火) 9:05
┗ 【17083】Re(2):草刈先生との「議論」についての一考... yamakawa 15/7/21(火) 9:30
┗ 【17084】Re(3):草刈先生との「議論」についての一考... dora 15/7/21(火) 10:21
┗ 【17085】Re(4):草刈先生との「議論」についての一考... yamakawa 15/7/22(水) 6:16

【17071】草刈先生との「議論」についての一考察・そ...
←back ↑menu ↑top forward→
 yamakawa  - 15/7/17(金) 20:32 -

引用なし
パスワード
   同業者同士の飲み会で彼のことがたまに話題になることがありました。
「草刈先生とやりあったら先生損するよ」、ある先生はもっとはっきり「ああいう人は持ち上げておけばいいんだよ」などと。私はそれに対してこう答えました。「先生は彼がネットで何書いてるか知らないですよね。知れば私と同じ気持ちになりますよ」
確かに、患者に熱烈な支持を受ける教祖様にわざわざケチをつけたら損することはわかってました。ただ元々損得計算して行動しないのが私なので。結局医療者として、同業者として許せない気持ちが損得勘定に勝ったということでした。
では如何にして彼の私における評価が下がっていったのか、いくつかの彼の発言を元に解説していきます。

カーボスターがイオン化カルシウム低下の影響でカルシウム骨代謝に影響を与えるのではないか、というのは、いくつかある大きな論点の一つでした。

彼はこの論点についてどのように語ったのか。
http://yan-hd.net/cgi-bin/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=15069;id=hd#15069

「小生の感覚では(このことに関してきちんと調べなおしてまでは居ません),」

「感覚」というのは彼の多用する言葉です。この他、「確信」というのもよく使いますが、この言葉が使われる時根拠が示されることはまずありません。
この発言ではわざわざ「調べ直してない」と根拠を出さないだめ押しまでしています。

「カーボスター後にPTHが上がってしまったという感じはしないのですけどね」

ここでも「感じ」とあくまでフィーリングで主張。

「ただ,その後にレグパラが出ましたので,完全に以前との比較は困難になってしまいました」

ここが重大なポイントです。カーボスターを止めた先生の何人かに何故止めたのか聞いているのですが、PTHの上昇がありレグパラを増量せざるを得なくなったので止めた、と答えた先生が複数おられました。彼の発言は、カーボスターの前後でレグパラの量が変わったことを示唆するものです。普通に考えればレグパラは増量している、と受け取るのが自然です。

私のように考えた人は他にもおられたようで、ある方がこの様な質問をされました。

「ちなみにレグパラの量は、増えてませんか?
先生の所だと、透析効率がかなりいいので、大丈夫だとおもいますが?」

これに対する彼の答えが驚くべきものでした。

http://yan-hd.net/cgi-bin/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=15109;id=hd#15109
「継続的に診ている患者では減っていますね」

質問者は当然透析液の影響を問うてるのですが、「継続的に診ている」と注釈をつけてあからさまにごまかしているのですね。
レグパラの量は変わらない、と言った人はいたけど、さすがにレグパラが減ったという報告は私の知る限り一つもありません。要はたちの悪い誤魔化しというかほとんど嘘つきです。

医療者同士が議論するのに、事実の提示さえまともにできないようではとても成り立ちません。一事が万事この調子で私の彼に対する評価はどんどん下がっていきました。

まだまだ続きます。
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/43.0.2357.134 Safari/537.36@KD106136092149.au-net.ne.jp>

【17074】草刈先生との「議論」についての一考察・そ...
←back ↑menu ↑top forward→
 yamakawa  - 15/7/17(金) 22:55 -

引用なし
パスワード
   先週末、高山で開催された在宅血液透析研究会では、一般演題で「アルカリ化剤からみた長時間在宅血液透析に至適な透析液の検討」というタイトルの発表をしました。実は、草刈先生が珍しく研究会に来るというので、聴いてもらえるのを楽しみにしていました。あまり透析液に関心のない聴衆が多いと思い、レクチャー的スライドを多めに入れて手前味噌ですが結構分かりやすいプレゼンになったのではないか、と思います(時間はかなり超過してしまいましたが)。患者のセッション、ワークショップの裏ということもあって聴く人はあまりいないのじゃないか、と思っていたのですが案外人も集まり、議論も盛り上がりました。
壇上では草刈先生の姿は確認できなかったのですが、目撃情報によれば会場にはいなかったとのこと。マジか?と一瞬思いましたが、今までのことを思い起こせば意外でも何でもないことに気がつきました。
私は相当な手間と時間をかけて彼の知らない透析液に関する膨大な知見を提供しました。でも最後まで彼には関心を持ってもらえなかった。多くの透析医療者と少なくない透析患者が私の書きこみにたくさんの人が関心を持ったにもかかわらず、です。関心を持った人たちと彼では何が違っていたのでしょうか。

彼の過去の書きこみを読むと如何に自分が一生懸命透析液を調整しているか、という話がたくさん出てきます。しかし、何故調整したのか、根拠は何か、という具体的な話はさっぱり出てこない。理論的な裏付けに関する話はもっと出てこない。どうやら勘だけでやっているようなのですね。
それだけでもかなり危うい感じなのですが、彼はいきなりキンダリーとカーボスターを混ぜて臨床にいきなり使うという更にとんでもないデタラメなことを過去にやっています。傷害罪に近いこの危険な行為にどのような意味があるのでしょうか。私には他の医療者と違うことをしたかった、という以外の動機が見出せません。

透析液に関心がないのは仕方がない、と思うのですが、透析液に関心があるふりをして、自己アピールのおもちゃにするのはいくらなんでも医療者としてのモラルが低すぎるのではないでしょうか。
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/43.0.2357.134 Safari/537.36@ab145049.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp>

【17082】Re(1):草刈先生との「議論」についての一考...
←back ↑menu ↑top forward→
 dora  - 15/7/21(火) 9:05 -

引用なし
パスワード
   ▼yamakawaさん:

質問させてください。

>彼はいきなりキンダリーとカーボスターを混ぜて臨床にいきなり使うという更にとんでもないデタラメなことを過去にやっています。

このように透析液に"手"を加える行為(電解質を加えてたり)するのは過去に行われていたことは認識していますが、現在の背景を諸々考慮すると倫理的な段取り(倫理審査委員会などの承認)を経て行われることが必須かと思いますが、そのような段取りは行われているのでしょうか?
患者からの同意のみでは不足かと思いますし、そこに個人のクリニックも大学病院もないかと思います。

>自己アピールのおもちゃにするのはいくらなんでも医療者としてのモラルが低すぎるのではないでしょうか。

仮にそのような段取りが取られていないとしたら、このような批判が出るのも仕方がないように思います。
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko@p16066-ipngn100201tokaisakaetozai.aichi.ocn.ne.jp>

【17083】Re(2):草刈先生との「議論」についての一考...
←back ↑menu ↑top forward→
 yamakawa  - 15/7/21(火) 9:30 -

引用なし
パスワード
   ▼doraさん:
>▼yamakawaさん:
>
>質問させてください。
>
>>彼はいきなりキンダリーとカーボスターを混ぜて臨床にいきなり使うという更にとんでもないデタラメなことを過去にやっています。
>
>このように透析液に"手"を加える行為(電解質を加えてたり)するのは過去に行われていたことは認識していますが、現在の背景を諸々考慮すると倫理的な段取り(倫理審査委員会などの承認)を経て行われることが必須かと思いますが、そのような段取りは行われているのでしょうか?
>患者からの同意のみでは不足かと思いますし、そこに個人のクリニックも大学病院もないかと思います。

彼がどのような過程、手続きを経てやったのかは知りません。なんかそういうことをやらかしたという噂を聞いたので、カマをかけてみたらあっさり認めたので
http://yan-hd.net/cgi-bin/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=15111;id=hd#15111
やったことは間違いないようです。
彼には説明責任があると思いますが、透析液の理論としてあり得ないブレンドなのでまともな手続きなど何もなかったのだろう、とは推測しています。
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/43.0.2357.134 Safari/537.36@st0146.nas931.d-osaka.nttpc.ne.jp>

【17084】Re(3):草刈先生との「議論」についての一考...
←back ↑menu ↑top forward→
 dora  - 15/7/21(火) 10:21 -

引用なし
パスワード
   ▼yamakawaさん:
>彼には説明責任があると思いますが、透析液の理論としてあり得ないブレンドなのでまともな手続きなど何もなかったのだろう、とは推測しています。

yamakawa先生、ありがとうございます。
昔に比べ医師の裁量で行えることは少なくなってきていると思います。
(結果はどうあれ)良かれと思っていれば何をしても良いわけではありません、残念ながら。
ふと、疑問に思い質問させていただきました。
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko@p16066-ipngn100201tokaisakaetozai.aichi.ocn.ne.jp>

【17085】Re(4):草刈先生との「議論」についての一考...
←back ↑menu ↑top forward→
 yamakawa  - 15/7/22(水) 6:16 -

引用なし
パスワード
   ▼doraさん:
>▼yamakawaさん:
>>彼には説明責任があると思いますが、透析液の理論としてあり得ないブレンドなのでまともな手続きなど何もなかったのだろう、とは推測しています。
>
>yamakawa先生、ありがとうございます。
>昔に比べ医師の裁量で行えることは少なくなってきていると思います。
>(結果はどうあれ)良かれと思っていれば何をしても良いわけではありません、残念ながら。

医師の裁量権が今よりあった昔であっても、ろくに勉強もせずに思いつきだけでやるなんてことは許されないと思います。今読み返したら、事故を起こしても反省もなく悪びれることもなくこんな馬鹿なことも言ってるんですよね。
>小院の実験的な透析液の改変がキンダリーの4号誕生にある程度寄与したと
>思っていますけどね.小生の勝手な思いではあります.

彼にとっては患者の安全より自尊心の方がよほど大事なのでしょう。
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/43.0.2357.134 Safari/537.36@ab145049.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp>

14 / 736 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃Yanの掲示板ログ ┃メンバー登録 ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
(SS)C-BOARD Legacy v0.95.06 beta
total today yesterday